お誕生日の魔法が解けて

小森隼くんが22歳の彼と別れを告げて、そして23歳の彼と出会って早くも1週間と1日が経ちました。

 


 

今日は6月21日です。

 


先日隼くんがブログでこの2ヶ月間を「あっという間」という言葉で表していたけれど、その気持ちがようく分かる。気が付けば今年ももう半分が過ぎていて、目まぐるしい時間の流れに身を任せてなんとなく歩んでいる途中振り返ったら置き去りにしちゃったものが沢山あるような気がして、言葉に出来ない苦い焦燥感を感じてしまうというか。

 

実は隼くんはお誕生日当日から1週間を「ゴールデンタイム」とこっそり自分で決めていたそうで、なんだかそのルールがとっても彼らしいというか、愛らしくって早速便乗してぽつぽつと長い文を綴ることにしました。

7日間で解けちゃうお誕生日の魔法だなんて、なんだか12時の鐘と共に解けちゃう筈の魔法が随分とのんびり長引いたシンデレラみたいで素敵。

 


 

さて、隼くんにとって、この間お別れしたばかりの22歳の1年間はどんな1年でしたか?

 


そんなふうに問うても彼から返事は勿論当然のこと返って来ない訳なのだけれど。

いつも彼の事を目で追ってる隼くんのことを大好きな沢山の人の中のひとりとして、初めての冠番組の生放送で緊張の最中のお誕生日サプライズに遠慮がちに瞳を潤ませてから願ってやまなかったドームツアーで迎えた22歳最後のステージまで、媒介を通したりはたまた私自身の目で見た隼くんは本当に、本当に世界で1番格好良くって世界で1番素敵だったなとしみじみ思います。(勿論22歳以前の隼くんもとびきり素敵なのですが、それは大前提なので割愛します)

色んな人に大声で言いたくなっちゃうくらい!


自分の憧れをきちんと言葉に出来る人だからこそ任されたMCを一生懸命務め上げてみんな「隼じゃなきゃ」「隼だから」と言うのに、耳を赤くして照れ臭そうに笑いながら「この大切な場所で、1番こういう立ち位置をくれたことに感謝しかないです。有難うございます」なんて言っちゃうところ。

f:id:kmr8810:20180621233016j:image

ステージの上で切なげだったり、はたまたぱあっとお日様のような笑顔を見せたりひとつひとつの曲に合わせて表情をくるくる七変化させながらしなやかに踊るところ。

ライブの翌日、早朝に起きてメンバーに寝起きドッキリを仕掛けた後の生放送でイベントの告知をしてる最中、自分が立っていることで後ろの女性キャストさんが隠れちゃうことにいち早く気が付いてさっと身を屈めちゃうところ。

f:id:kmr8810:20180621233033j:image

何も出来ない、なんて落ち込んだり反省する日もあるけれど、それでも金曜日の昼下がりに一生懸命アシスタントとして沢山の方とお話ししながらラジオ越しにとびっきりの「楽しい」を届けてくれるところ。

f:id:kmr8810:20180621234056j:image

きっと想像出来る以上にアクロバットってとてつもない緊張と重圧に苛まれたり、ずっと勇気の要ることなのだろうけれど、そんな事悟らせないくらいアリーナのステージでも更に大きなドームのステージでも凛々しい表情でふわりと宙を舞ってしまうところ。

お天気のことだったり、はたまた自分自身の小さな穏やかな日常や好きなことを素直に、隼くんのなんとも愛らしい言葉遣いや朗らかな言い回しで教えてくれるところ。

どきどきで落ち着かないのか足をそわそわ動かしたりしながら尊敬する先輩方のステージをきらきらした瞳で見つめたり、教えて貰った心の琴線に触れた言葉を宝物みたいに大切にしているところ。

なにかを見た時聞いた時に「素敵」という言葉を贈ることが出来るところ。

 


全部言葉にしたいのにいざとなったら両手で数えるのでは到底足りないくらい素敵なところが沢山あって、溢れかえってしまってとっても困る。

 

感受性が豊かである故に小さな躓きに心を淀ませたり、自分自身をダメだな、なんて貶してしまう日もきっとあるのだと思う。だけれど、夜の月が白昼の太陽の光を受けて輝くように隼くんが大きな声で笑うからこそ繊細さもまた隼くんの大切な彩りのひとつになるから、だからどうか貴方の小さなきらいも隼くんの素敵のひとつだという事を忘れないでいて欲しいな。

吉澤嘉代子さんの "ミューズ" という曲のワンフレーズに「透明であろうとする程に全てを吸ってしまう貴方だから物語になるよ」とあるけれど、聴く度になんだか隼くんを思い出してしまう。めまぐるしく物事が進む中で偶にしゅんと落ち込んでみたり、幸せに胸を踊らせてわくわくしてみたり、そうやってもがいたり弾んでみたり自分の心を彩り豊かに染めて物語を紡いでいく隼くんだからこそ、周りの沢山の人達も彼を愛してやまないし彼の憧れの為に背中を押してあげたいと思うんだろうな。


GENERATIONSとして迎えたドームツアーのステージで大きな声で「思い残す事はありません」と告げた22歳の隼くんとお別れしたのちに出会った23歳の隼くんにこれからどんなものがたりが待っているんだろう。大好きなメンバーや彼を愛する沢山の人からのありったけの祝福を受けて「自分は幸せ者だなぁ」だなんて言葉にする隼くんなら、この先どこにだって行けるし何にだってなれちゃうはず。まだほんの小さな煌めきであっても、未来はきっと彼の手の中にある。

 


正直にいうと隼くんに嫌な事なんて何ひとつ近づかないで欲しいけれど、それは少し難しいから、だからせめて心を擦り減らしてしまった後には必ず彼の心を優しく温かく満たす幸せが傍に寄り添いますように。

昨日の失敗なんて大好きな朝のコーヒーや紅茶にぽいっと入れて飲み込んじゃえますように、玄関を開けて踏み出したいつもの当たり前の景色に小さな幸せが煌めいていますように。

出来る限り心無い人の冷たい声が彼の元に届きませんように、狡い大人達は彼に出会ってしまう前に痛い目に遭っちゃいますように。

大好きなメンバーの傍で思うままに踊りながらステージの上から眺める景色がどうか幸せで溢れていますように。

大きな会場でライブをしたり沢山の人の目を惹いて可能性が果てしなく広がる分、きっと今までよりずっと難しい選択に迫られる事もあるかもしれないけれど、勿論後悔の無い選択なんてきっと無いのだけれど、いつしか歩みを振り返った時に「俺が選んだ道も割と悪く無いな」なんて穏やかに思いながら、また前に進んで行けますように。のんびり、鼻歌でも歌いながらね。

あまり頑張り過ぎずにどうか、正直な自分自身をなによりも大切に、優しく包んであげられますように。

 


願い事も沢山あり過ぎて困ってしまうなあ!

こんな風に心から誰かの幸せを切に願えるのもそれは隼くんだからなのだと思う。隼くんじゃなきゃ、きっと出来なかった。

 


なによりも23歳の隼くんの物語も好きに素直に、幸せいっぱいの1年でありますように。

 


これからまだ待ってるDEFや沢山のステージ、ラジオやコラムだったり言葉を発信する彼の居場所、なにより初めてのドームツアーの終着地である東京ドーム公演で大好きなメンバーと共にどんな表情でどんな感情を抱いてパフォーマンスするんだろう。その先にどんな未来が待っているんだろうと思うとわくわくしちゃうな。

 


1週間のお誕生日の魔法はあっという間に解けてしまって少し寂しいけれど、いつもかけがえのない大切なご縁を繋げてくれたり頑張る理由や愛おしい贈り物ばかりくれる隼くんに、どうかこれからも貴方の少し猫背気味な広い背中へとありったけの愛を込めてエールを贈らせて下さいね。

隼くんに貰ったものはあまりにも大切な宝物ばかりで、ほんのお返しにすらならないのかもしれないのだけど。

 

 

 

いつもあなたの幸せを願っています、

どうか大好きな貴方に幸多からん事を。